おすすめのカードローンはどこがいい?カードローンの選び方を徹底調査

MENU

カードローンごとに比較

 

カードローンはそれぞれに特徴があります。選び方は特徴別に比較するのをおすすめします。

 

カードローンごとに金利や限度額などのスペックに違いがあるので、カードローンを申し込むときには特徴として比べるとよいでしょう。さらに、レディースキャッシングなどの女性専用商品、無利息サービスがあるなどメリットがあるカードローンも存在します。

 

このようにカードローンごとにサービスの違いなど様々な特徴を持っています。しかしながらすべてのカードローンを一つずつ見て比べていくのは、簡単なことではありません

 

また見逃したカードローンの中に、もっと自分に最適なものがあったかもしれないと、スッキリしない気持ちを感じてしまう可能性もあるでしょう。

 

カードローンを比較するときのポイント

短時間で比較できればそれに超したことはありません。少ない時間内で比較をしたい時は、まず特徴を把握し自分が申し込めるものに絞っておくことが大切です。

 

ある程度絞り込むことで迷うことなくカードローンを選ぶことができます。

 

たとえば本人収入が必要な貸金業者のカードローンに、専業主婦の方がどんなに申し込みたいと思っても無理なことでしょう。また。カードローンの最高限度額が、自分の必要額に満たない時は、申し込み対象外にせざるをえません。

 

カードローンの特徴によって、比べていきましょう。比較サイトを使うのも、もちろんおすすめです。ただ、比較ランキングで上位のカードローン以外にも、自分にとって使いやすいカードローンが見つかる可能性はあります。

 

時間があれば、できるだけたくさんのカードローンを見てみましょう。

 

比較サイトは自分のカードローンの希望する条件に合っているか、ある程度絞って候補のカードローンを探すと手間はかかりません。補助的に使うようにするとよいでしょう。

 

選びのコツがわかればカードローンは怖くありません

カードローンは怖い!と思われている方も少なからずいると思いますが、決してカードローンは怖いものではありません。条件を満たせば即日融資も可能で、誰でも気軽に利用できます。

 

その反面、計画的に利用しないと多重債務に陥る可能性があるのも事実ですが、しかしカードローンと上手につきあうことができれば、 急に資金が必要となった場合など非常に便利です。

 

カードローンに限らず、あらゆるローンには債務不履行のリスクがあります。そういう意味では全てのローンが怖いものということができますが、最も重要となるのは計画性です。

 

ですから借りる目には返済シミュレーションを行いしっかりと返済計画を立てましょう。

 

それぞれのカードローン会社の特徴

カードローンには銀行系と消費者金融系、信販会社系が存在します。銀行系だけは貸金業法の適用を受けないため総量規制の対象外です。総量規制の対象となると年収の3分の1を超える貸付を行うことができません。

 

基本的にどこのカードローン会社も気軽に利用できる点が同じですが、消費者金融系と信販会社系は特に審査がやさしい傾向にあります。

 

その理由は総量規制の対象となり融資額が制限されることと、銀行系と比較して金利が高めに設定されていることが挙げられます。

 

銀行系カードローンは金利が低めで融資限度額にも法的な規制がありませんが、銀行と保証会社から二重の審査を受ける必要があります。

 

最適なカードローン会社を選ぶためには、融資目的や返済能力を考慮することが重要です。

 

金利以外には何を見る?気を付けて比べたい点はココ

カードローンを比較している時、金利だけを見ていませんか。確かに金利の重要性はいうまでもありません。

 

数%だけの違いが、利用期間が長くなるほど、最終的に大きな返済額の違いとなるケースもあります。返済期間にも関わってくる可能性もあります。

 

しかし、カードローンは金利がすべてではありません。

 

たとえば、隠れた金利と呼ばれるATM利用手数料に注目してみましょう。

 

ATMを利用して借入や返済をした時に、手数料が必要になるカードローンもあります。毎月の返済時や、繰り上げ返済などこまめに返済したいときにその都度利用手数料がかかっていると、積もり積もって金利の差以上に支払う額が大きくなってしまうかもしれません。

 

最近は、ネットを利用した振込キャッシングも多いですが、自分の銀行口座に振り込みを受ける方法だと手数料がかからないカードローンもあります。ただ、時間外手数料などがかかる時間帯に引き出すこともあるでしょう。

 

カードローンは解約しないなら、契約更新はあるものの長期に渡って利用することが可能です。こまめに借りたり返したりを繰り返す銀行口座と似たような使い方をするなら、利用時の手数料などにも注意しておくべきでしょう。

 

このように金利のみで比較するのではなく、カードローンを利用するときははトータルで比較することがとても重要です。

 

カードローンランキングで比較するメリット

ランキングでカードローンを比較するメリットはいくつかあります。

 

自分で探す時間を短縮できる

ランキングはコンパクトに情報もまとめてくれているので、カードローンを探す時間を短くできます。特に急いでお金を借りたい時に、とても役立ちます。

 

条件などで絞り込み検索すると、もともと申し込めないカードローンは除外されるため、調べる手間も省けます。

 

たくさんのカードローンを一度に見比べが可能

一度にランキングや表でたくさんのカードを比べることができるため、体感的に探しやすいのが特徴です。知名度があるカードローンが必ずしも自分が使いやすいと感じるかどうかはわかりません。

 

後から「あのカードローンのほうが金利は低かった!」と見つけてしまう失敗も防げるでしょう。一つずつカードローンの詳細を見ていくよりも、断然時短になります。

 

カードローンの知識が増える

初めて利用する人にとっては、カードローンがどんなものなのかイメージしにくいと思います。カードローンの知識や情報が掲載されているランキングなら、カードローン自体について知ることはもちろん、お金を借りる時の注意点なども知ることができます。

 

知っておくと知らないとでは後々違ってきます。

 

また、ランキングサイトもたくさんのカードローンが網羅されているサイトもあれば、限定されたおすすめカードローンのみを比較されているサイトもあります。時間があればひとつのサイトだけではなく数多く見たほうが、最適なものを選べる可能性は高まります。

 

カードローンのおすすめな選び方

  • 「種類が多すぎて、選び方がわからない。」
  • 「カードローン金利も同じならどれでもいいか…。」

 

カードローンの選び方はご自身の優先順位を決めておくと、選びやすくなります。以下にまとめていますので参考にしてください。おまとめローンおすすめはこちらが参考になります。

 

1.希望限度額や金利の希望は?

限度額の希望を決めましょう。この際利用が長期間になる可能性が高いなら限度額は大きめの設定にしておくほうが、借入目的が変わっても対応可能です。

 

金利は金融機関が決めるため、希望通りになりません。しかし○%までならOKといったように、目安の金利は決めておきましょう

 

2.借入や返済方法の希望は?

繰り返して利用するカードローンでは、この二つはとても重要です。お金が必要になることが多いシーンでどのようにカードローンを使うのか、ぜひイメージしておきましょう。

 

3.検索の順番間違ってない?

自分がどんなカードローンを探しているのかをクリアにしてから、検索をスタートしましょう。そうすることで、探しているうちになんだかわからなくなってしまうということを防げます。

 

ごちゃ混ぜになんでも良いからと検索していると、ベストなカードローンを探すことができません。限度額が高く金利も低く、利便性もよくすぐに借りられるところはなくもありませんが、ご自身の属性に関わる部分が大きいです。

 

転職したばかりで給料も低いという環境下であれば、特に優先順位を絞って検索すると失敗は少ないはずです。

 

4.借入先を3社までに絞る

たくさんのカードローンへの申し込みは、申し込みブラックの状態を引き起こしてしまうのでおすすめしません。また複数の申し込みにメリットはなく、むしろお金に困っていると考えられてしまうのです。

 

審査に通りにくくなるといわれている目安は、4社以上への、半年以内の申し込みです。絞るほどよいので、3社までに申し込み先をピックアップしましょう。

 

法定金利とは

消費者金融は貸金業者ですから、貸金業法で決められた法定金利を守らなくてはなりません。キャッシングの金額によってその法定金利は3段階に分かれて決められています。

 

  • 元金10万円未満は上限金利20.0%まで
  • 元金10万円以上100万円未満は上限金利18.0%まで
  • 元金100万円以上は上限金利15.0%まで

 

このように上限の金利を決めているのは利息制限法です。

 

正規の消費者金融ではこの利息制限法を超えた金利を設定することはありません。また設定した消費者金融は行政処分の対象となります。

 

闇金などはまさに法定金利以上の利息設定ですが、利用者は法定金利以上の利息を支払う必要はないのです。

 

もし万が一闇金に引っかかり、利息制限法以上の金利で利息を支払ったとしても返還請求をすることができますので弁護士などに相談するようにしましょう。